夫婦の幸福の方法を簡単かつ予期しないものにします

結婚式が赤く点灯したとき

結婚したもののお見合いでの結婚は、恋愛結婚に比べて全ての面で、良くも悪くも冷静に話を進めることができます。二人の結婚後のビジョンについても、じっくりとすり合わせができます。私の経験上、結婚する前に二人の結婚後のビジョンをすり合わせておかないと、離婚してしまう確率が高くなります。よく「人は愛がなくては生きていけないが、愛だけでも生きていけない」と言われますが、この言葉は結婚の本質をついているように思えます。恋愛して結婚する、というプロセスが結婚の理想と思われがちですが、設計も幸せな結婚のためには必要なのです。


離婚については話さないでください

その前に、現実的な人生結婚相談所の利用によって、えることができます。合理的にスピーディに、人生設計の上に成り立った結婚の戦略を考結婚相談所を利用するなら「3カ月」での結婚を目指しましょう結婚相談所を利用しようとする方が描くビジョンはとにかく早く結婚したいより多くの人の中から理想の相手を選びたいなど様々でしょう。いずれにせよ、結婚相談所を利用して婚活を行う場合、最も重要なことは「自分がいっまでに結婚するか」という明確な目標を持つことだと私は考えていますあなたが結婚したいのは、半年以内でしょうか?1年以内でしょうか?それとも数年以内ですか?私は、結婚相談所を利用して婚活するのであれば、登録してから「3カ月」で結婚することを目標にするべきだと考えます。実際に私が運営する結婚相談所ブライダルサロン「オージュ」ではこの「3カ月」を目標に結婚のサポートを行っています。なぜ「3カ月」なのか?

結婚がそのようなオーラを形作ることができると信じているので

それを知っている人は、「恋愛感情が変わらない幸せな結婚」などあり得ないのでは?と思うかもしれません。しかし、結婚してどれだけ長く一緒に過ごそうとも、新婚の時と同じような愛情を感じられることはできるのです。そのような夫婦は世の中にたくさんいます。ではそのような夫婦になるにはどうすればいいのでしょうか?それはお互いの違いを受け入れ、一緒にいられることへの感謝を感じ、日々言葉にして伝えることです。夫婦がお互いに努力をすることで愛情が継続し、とが分かる実験結果があります。

恋活のプロセスを男と過ごすのに1週間しか過ごしませんでした

愛情をより深めることが可能である、というこニューヨーク州立大学の科学者が行った実験で、新婚の夫婦と長年一緒に暮らしている夫婦の脳をMRIで調査したところ、分泌される化学成分がほとんど一緒だったという結果が出たそうです。これは先に述べたように、愛情が継続し、深めるための努力をすれば何十年経ったとしても新婚の頃と同じような感情を持つことができるということです。もしあなたが結婚した後も、相手と一緒にいられることを常に嬉しく感じながら人生を送りたいのなら、相手との違いを受け入れて、相手に感謝することを心がけてください。それが「幸せな結へとつながるのです。結婚するためには「何かを手放すことが必要私は人生には大事な選択が二つあると考えています。それは「仕事」と「家族」です。仕事は自分が経済的に安定して生きていくために必要ですし、社会に役に立つためにしている方もいますどのような仕事を選ぶかで人生も変わって来るのでとても重要です。離婚は引き続き続くことがあります


夫婦はそれを認めません

つまりそれほど私は、彼女にとっては、とてもそんなふうに思われるはずもないほどの男だったということです。だから感極まって涙があふれてしまったわけです。ところが、今や相談に来る多くの人たちは、私が非常によくできた夫であると思い込んでいますそう思われているなら、そのままにしておきましょう。しかし実際には、私たちは今でも多くの点ですれ違い、またぶつかりあっています。私がカウンセリングの現場で人々から聞かされることの多くは、私たちも体験していることです。私たちも、よくもここまでずれていたものだと思うほど、何もかもがすれ違っていました。子はまさに最後のテストモード。不安をいっぱいにためた試験官になっていたのです。

結婚の最上位にいません

夫婦の出発はケーシ久美私たちが一体どんなところからスタートしたのか、少しだけお話しましょう。シーソー式の朝その日、私は南カリフォルニアの強い日ざしを全身に感じながら目を覚ましました。昨日までの天気が嘘のように晴れ渡っています。とても3月とは思えない空気。これぞカリフォルニアドリーミング。それはあまりにも透き通った朝でした。「この強い日ざしが、月明かりに変わる頃には、僕たちはもう結婚しているんだな……それはあまりにも非現実的なことのように思えました。を迎えていたのです。しかしこの日、私は独身時代の最後の朝初めて会った真夏の日曜日……すべてはそこから始まりました。


恋活に危機が発生すると

「会いたいときに家に行く、という風に過ごしていました。一緒にいてすごく心地いい存在で、ラクでした。彼は結婚することを望んでいたし、私も彼に対して不満は何もなかったんですが、どうしても結婚に踏み切れない部分があったんです」ありがとう、五代くん佐恵さんが踏み切れない部分……それが、先述の憧れの先輩に対する気持ちでした。「普段は忘れているんです。別に付き合いたいって思ってるわけでもなく。でも、忘れたころに連絡が来るんですよ。先輩は広告の制作プロダクションで仕事していて、仕事を依頼されたりして。それがずっと続いて、縁がなかなか切れないんです。しかも連絡をくれるタイミングがまた絶妙なんですよこれが!

結婚と関係の信頼は

だから気持ちを完璧にゼロにすることができなくて、自分の中で煮え切らない状態が続いていました……」○さんと先輩を比べているわけでは決してないけれど、それは、「主導」と「能動」の違いです。○さんに対する想いと先輩への想いには、決定的に違うものがありました。「彼は、彼の方から言われて付き合うようになって、だんだん好きになったんですが、先輩は自分から好きになったわけなんですね。これが私の中ですごく大きかったです。仕事も遊びも洋服も、人から薦められたものに対してあまり愛着が持てないというか、気持ちが長続きしないところがあってやっぱり自分が選んだもの、自分から望んだものの方が、どうしても、気持ちが強くなっちやうんですよね」佐恵さんは悩みながら、先輩への気持ちとの付き合い方を考えました。「なんでこの気持ちはなくならないんだろうか、って思いました。結婚をすることを信じてください